土木事業 | 矢野建設株式会社
矢野建設のロゴ
 

CIVIL ENGINNERING

自然環境を守る土木技術集団

人類史上もっとも古い技術といわれており、環境を整えることで、少しずつ社会を善くしてきました。土を築いて堤をつくり、木を高く構えて建物・橋をつくる等、人々の生活基盤を整える『築土構木』(中国前漢時代:「淮南子」)が土木の語源とされています。生活に密着した道路、橋梁、下水工事等、災害を防ぐ河川、砂防、港湾工事等の豊かで安心・安全・快適な環境づくりに、持続可能な社会(Sustinable society)の観点を加えて構築します。

システムフロー

  • 受注

    顧客ニーズ若しくは国家的案件などによる最適価格

    ・購買情報収集
    ・協力業者のネットワーク

  • 計画

    施工の着手前に施工検討会を開催、最善の工法等の検討・計画の立案

    ・施工計画
    ・顧客ニーズ
    ・周辺調査

  • 施工

    品質保証員を選任し、各工程検査の実施や災害等を防ぐ為の安全管理の強化

    ・品質保証員の立会い検査
    ・定期的な安全チェック及び教育
    ・工程管理

  • 社内検査

    最終引き渡し前に入念な社内検査を実施

    ・総合的な検査
    ・品質チェック

  • 是正処置

    社内検査で発覚した是正箇所の処置

    ・是正後、再検査

  • 引き渡し

    顧客の最終検査を引渡し

  • 維持・修繕

    万全なアフターメンテナンス